レース当日の過ごし方、食事についての注意点

おはようございます、ryugeneです。

本日はマラソンレース当日の過ごし方、食事について書いていきます。

2019年11月10日(日)8:20〜 福岡マラソン2019
に出走しましたので、その体験を基に記事にしていきます。

ちなみに、この大会で目標のサブ3.5を達成することができました!
自己ベスト更新!

自慢が入ってしまい恐縮ですが、この先もお付き合いいただけると嬉しいです。

よろしくお願いします。

スポンサーリンク

準備は全て前日にやろう

まず当日の朝を迎える前に、準備は必ず前日までに終わらせていきましょう。

■移動手段(電車の時刻など)
■ゼッケン、ICチップ
■会場までの服装
■レース中のランニングウェア
■レース後の着替え
■スポーツドリンク、エネルギーゼリー
■時計

など、準備するものはそれぞれ違って当たり前ですが、
当日の朝バタバタしないためにも必ず前もって準備するようにしましょう。

朝から焦ってしまうと、100%のパフォーマンスを発揮できなくなるかもしれません。

何事も余裕を作るのは大切なことですよね。

食事は糖質を中心に、3時間前を目安に摂ろう

朝食では走り続ける燃料となる炭水化物(糖質)を多くとることがポイントです。
ご飯やパン、めん類などは糖質主体の食品なので、適していると思います。

糖質をエネルギーにするために必要なビタミンB1も大事です。
青菜や豆に含まれているようですね。

また摂取した食事がエネルギーに変わるには時間を要します。

その目安が約3時間と言われていますね。

僕も昨日は4時半から食事を始め、5時には食べ終わりました。
(出走が8:20なので、3時間前には摂り終えたことになります)

メニューは以下の通り、

・うどん
・バナナ一本
・ヨーグルト
・フルーツグラノーラ

ご飯のストックがないことに朝気付いてしまい、急遽うどんになりました。笑

これは準備不足でしたね。反省。

あと、いつも飲んでいるコーヒーは避けました。
カフェインによる利尿作用はレースにはよくないという判断です。

スタート直前、レース中はエネルギーゼリーで対応

レース開始3時間前に朝食を済ませた後は、
1時間前にバナナ一本、30分前にエネルギーゼリーを摂取しました。

ゼリーもたくさん種類が豊富ですが、
僕は「アミノバイタル パーフェクトエネルギー」ですね。

しっかりとアミノ酸を補給して、レースに臨みました。

 

次に、レース中に僕が意識するのは早め早めにエネルギーゼリーを摂ること。

ゼリーを摂ってもそれがエネルギーに変わるには、
30分ほどは時間を要すると言われています。

僕の場合は、「アミノバイタル アミノショット」を準備して
10キロ、20キロ、30キロの3回のタイミングで摂ることを意識していますね。

今回の大会でもだいたいそのタイミングで摂取して、いい感じにレースを進めることができました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はすごく簡単にレース当日の食事について記事にしてみました。

この内容でサブ3.5は達成できましたので、それが少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです。

 

僕自身もまだまだ知識不足ですので、もっと多くの書籍などを読んで学習して、
その上で発信できればと考えています。

他にも当日の水分補給の仕方なども改めて記事にしていくつもりです。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

また会おう、カウボーイ。

スポンサーリンク
まだ始めてないの?読書習慣を身に付けたいならこれで決まり!

年間1冊も読まなかったオワコンサラリーマンの僕が、50冊読めるようになった鍵がこのAmazonオーディブル。

アプリを起動して、ワンタッチで聴く読書が始まる。

あなたのスキマ時間が素敵な読書時間へ変わります。

おすすめの記事