筑後川マラソン 2019の結果を公開【もう2度と走らない】

おはようございます、ryugeneです。

2019年10月13日(日)に開催された筑後川マラソン2019に出走しましたので、

それをレビューしていきたいと思います。

http://npoaiai.jp/

(↑大会HPです)

 

結論から申し上げると、

グロスタイム 03:45:53

走り終えた感想は「うーん、25点くらいかな」って感じです。笑

 

あくまでも個人の感想ですので、その辺りはご了承願います。

それではよろしくお願いします。

スポンサーリンク

種目、定員、エントリーについて

HPを見れば確認できますが、本大会の種目は下記の通りです。

種目 参加資格 定員 参加費
マラソン 18歳以上
時間制限7時間
2,100人 7,500円
ペアリレーマラソン 男女ペア
18歳以上
50組 10,500円
ハーフ 年齢制限なし 1,000人 6,000円
10km 年齢制限なし 1,200人 4,000円
5km 年齢制限なし 制限なし 3,500円
3km(チャレンジ) 年齢制限なし 制限なし 2,000円
1.5km(障害者) 障害者専用 制限なし 1,000円

 

 

僕はこの中でマラソンにエントリーしました。

本大会が10月で、記録を狙いに行きたい福岡マラソンが11月だったので、
本当は練習を兼ねてハーフに出走したかったのですが、先に定員が埋まっていました。

なので、来年はハーフに早めにエントリーしようと思います。

エントリー受付は、2019年は6月1日から始まっていますね。

 

マラソンの参加費7,500円ですが、僕は正直高いと感じました。

福岡マラソンの12,000円は気にならないのに。

そう感じた理由は次から厳しく書いていきます。笑

会場環境について

まず会場へのアクセスが今ひとつでした。

僕は公共交通機関を利用しましたが、最寄駅から20分は歩きます。

もちろん行きはテンション上がっているので問題なし。しかし帰りは辛いですね。

 

他の方のレビューを見ていると、駐車場の誘導なども良くないと書かれているので、
車を利用する方も注意しておかないといけません。

 

会場の雰囲気は決して悪くはなく、筑後川を眺めながら気分は徐々に上がってくるはずです。

ただ、トイレは結構並んでいたかな。

ドラッグストアモリの試供品配布はありがたかったです。笑

コースについて

問題はここですよね。

僕は初めて河川敷コースというものを走りましたが、とにかく狭いです。

スタート直後の混雑も当然ですが、
中盤以降は折り返したランナーとすれ違うことさえもストレスになります。

ずっと景色が変わらないことがこんなに疲れさせるとは思いませんでした。良い経験です。

 

それから沿道の声援はもちろんありませんので、精神的に苦痛な時間が長いですね。

しかし、給水所のボランティアスタッフの皆様からの声援は励みになりました。

 

これは前日の台風の影響だと思いますが、この日は強風。

日差しを遮るものが42kmないのも結構辛いです。毎年暑さでやられる方も多いみたい。

 

給水も改善されているようですが、ポカリが薄いのと、カルキ臭?がひどいです。

水分補給のために必要だったので飲みましたが、あれはちゃんと試飲しているのか謎なレベルです。

 

こんな感じでコースへの不満が次々と出てきてしまいます。笑

自分の実力不足を棚に上げてしまってますね。

この辺にしておきましょう。

全体を通しての感想

前向きに捉えると、このレースは「メンタルトレーニング」です。笑

そうやって割り切るしかありません。

走る前に友人からそう言われていましたが、本当にその通りでした。

今回は僕の心構えが甘かったということですな。

来年は正直ハーフにしとこうかなーと思っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

当時サブ4ランナーとしての感想でした。

僕はこのレース以外にフルマラソンは福岡マラソンしか経験がなく、
だからどうしても福岡マラソンと比較してしまうんですよね。

もっといろんなレースに出てみると、今回の評価も変わってくるかもしれません。

とりあえず、今はやっぱり25点です。笑

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

また会おう、カウボーイ。



スポンサーリンク
まだ始めてないの?読書習慣を身に付けたいならこれで決まり!

年間1冊も読まなかったオワコンサラリーマンの僕が、50冊読めるようになった鍵がこのAmazonオーディブル。

アプリを起動して、ワンタッチで聴く読書が始まる。

あなたのスキマ時間が素敵な読書時間へ変わります。

おすすめの記事