ランニングコースについて〜ホームコースをいくつか持とう〜

おはようございます、ryugeneです。

 

本日はランニングを始めたあなたにオススメするランニングコースについてお話します。

 

あなたはホームコースを持っていますか?

 

このホームコースを持っていることは、意外にもランニングを継続するために必要な要素の一つだと僕は思っています。

この記事が少しでもその力になれれば嬉しいです。

それではよろしくお願いします。

スポンサーリンク

ホームコースを作る上で注意すること

いわゆるランニングコースと言えば、皇居ランですよね。

なぜそこがランニングコースとして人気があるのか考えてみると、なんとなくわかってくるかもしれません。

掘り下げていきましょう。

6つのポイントを挙げていきます。

信号がない

もちろんこれは誰もが思いつくところですよね。

ホームコースを持つ上で重要な要素となります。

信号が全くないコースはこういった皇居やランニングコースがある公園に限られてしまうので、
自宅の近くを走るのであれば、出来るだけ信号が少ないルートを探してみましょう。

距離が把握しやすい

皇居ランは1周5kmです。

初心者ランナーにとってはいきなり5kmは過酷かもしれませんが。

この1周5kmというのがペースを掴みやすかったり、
その日のコンディションを見ながら、何周するかを決めることもできるので、プランを組みやすいですね。

今はGPS付きのランニングウォッチがなくてもスマホのGPS機能で、ある程度距離は正確に測れるので、
ランニングコースを作る際は距離も意識しましょう。

ランニングウォッチは必要か?Garminをおすすめ

(↑ランニングウォッチの記事も載せておきます)

景色が良い

変わり映えしないような場所を走るよりも、景色が良いところがあるといいですね。

河川敷や海沿いなど、近くに走れるスポットがある方はすごく羨ましいです。

僕も20〜30km走るつもりで行けば、海まで行けるのですが。笑

街灯がある、警察官が多いなどの安全面

特に女性の方は気になりますよね。

夜走る場合は、こういった点に注意してランニングコースを組みたいところ。

ランナーがたくさんいるところもいいですね。

ランニングステーションやトイレの充実

ランニングステーションは限られたところにしかないとは思いますが、
皇居ランのようないわゆるランナーの名所にはあったりしますね。

荷物を預けたり、シャワーを使用できたりと、実際使ってみるとかなり便利です。

皇居ランの場合、トイレもいくつか設置してあるので、いざという時に助かりますね。

自宅近くにランナー名所なんてないという方は、コンビニでも全然問題ないと思いますよ。

アクセスにストレスがかからない

そのコースに行くのにストレスを感じてしまったら元も子もありません。

またアクセスの良いランニングコースにはランナーが多く集まるはずなので、
コミュニティーがたくさんあったり、モチベーションを高く保つこともできそうです。

コースは1本ではなく、2〜3本は用意しておこう

ホームコースを作る上で重要な要素をいくつか挙げさせて頂きましたが、いかがでしょう?

当然全てを満たすことは難しいと思いますので、自分で優先順位を考えながら作ってみてください。

 

ではここでもう一つ大事なことを。

それは、ホームコースは2〜3本用意しておこうという点です。

 

何を基準に複数持つのかというと「距離」ですね。

3km、5km、10kmなど、自分が走りたい距離に応じたコースがあると良いです。

 

例えば、皇居ランのように5kmのホームコースしかなかった場合、
「今日は時間的に5kmも走れそうにないな」
「疲れているから5kmも体力持たないかも」
など、諦めてしまうことがあるかもしれません。

これはランニングを継続する上ですごく重要だと僕は思います。

 

だからこそ3kmのホームコースが活きてくるんですね。

「とりあえず3kmだけ走ろう」と走り出して、意外と気持ちよくなってそこを2周したりすることもあるでしょう。

 

最初の一歩を踏み出すハードルを出来るだけ低く設定して、
「走り始める気持ち」を優先して考えることができれば、ランニングを継続することができるはず。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕は6〜7km、12〜13km、あと走る頻度は少ないですが20〜30kmの長距離コースも自宅近くで作れます。

その日の気分や、時間を考えてどこを走るか決めています。

僕の場合、意志が弱いので、自宅の周りをグルグル走っていると、
すぐに「帰ろうかな」と誘惑に負けてしまいます。笑

こういう方は自宅から遠ざかって、ちょうど良い距離で帰ってこれるようなコースを組むと良いですね。

 

この記事があなたのランニングライフを充実させることができたら嬉しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

また会おう、カウボーイ。


スポンサーリンク
まだ始めてないの?読書習慣を身に付けたいならこれで決まり!

年間1冊も読まなかったオワコンサラリーマンの僕が、50冊読めるようになった鍵がこのAmazonオーディブル。

アプリを起動して、ワンタッチで聴く読書が始まる。

あなたのスキマ時間が素敵な読書時間へ変わります。

おすすめの記事