【ドリンク体験レビュー】運動前のVAAM(ヴァーム)を勧める3つの理由

おはようございます、ryugeneです。

 

ランニングで脂肪燃焼効率を上げるには?ドリンクやゼリーを工夫しよう

↑以前、こちらの記事でもVAAMについて少し触れましたが、
本日は僕が普段愛飲しているVAAMに着目して、皆様に勧める3つの理由を記事にしていきます。

 

 

↑こちらの水に溶かして運動前に飲むタイプです。

今回の記事を見て少しでもいいなと思ったら、ぜひ試してもらえると嬉しいです。

よろしくお願いします。

スポンサーリンク

運動前の水分補給を兼ねている

まずは、ランニングを始めるに当たって水分補給が大切なのは皆さんもご存知だと思います。

夏場は特に何も言われなくても水分は必ず摂るはずですが、寒い季節は忘れがちですよね。

一般的に「喉が乾いた時には既に遅い」と言われるように、予め前もって水分補給はしておきたいものです。

 

だから僕は敢えて「水に溶かすパウダータイプ」を取り入れて、運動前に約180mlの水分を合わせて摂るようにしています。

飲むタイミングは運動の20〜30分前をメーカーが推奨しています。

 

「水なしで飲める顆粒タイプ」もすごく便利だとは思いますが、僕の場合はこの理由で採用していないわけですね。

 

その他にドリンクタイプももちろんありますが、ランニングの度に飲むことを考えると、
コスパが高いのは、パウダータイプなのかなと。

 

脂肪燃焼効果が高い、つまり痩せる

これはメーカーが推しているそのままの内容ですが、脂肪燃焼効果が高いです。

もちろん継続した運動が最も大切なのは言わずもがな。

そのサポートをしてくれるのがこのVAAMなんですね。

 

通常、人間の体はまず糖質からエネルギーに変換されます。

体脂肪がエネルギーに変わるのは20〜30分後と言われていますので、
これを少しでも早めて、かつ効率よく燃焼させることができればバランス良いエネルギー活用が可能となるわけです。

それが運動前VAAMの大切な役割なんですね。

 

僕自身も全てこのVAAMのおかげとは言いませんが、減量に成功しています。
(2015年 67kg →2019年現在 59kg 身長:169cm)

身体がポカポカ温まる、発汗量が上がる

これはぜひ試して実感して頂きたいポイントですが、VAAMを飲んでからランニングをしていると、だんだんと身体がポカポカしてくるんですね。

何というか、身体の内面から温まってくる感じです。

特に寒い時期のランニングでは実感しやすいと思います。

 

「あれ、なんか身体が温まってきたなぁ。あ、もしかしてこれがVAAMの効果なのか!」

という具合で、きっと驚きますよ。

 

そしてどんなに寒くても必ずと言っていいほど、通常より多く汗をかきます。

必ずしも「汗を多くかく=脂肪燃焼効果が高い」とはなりませんが、汗をかくと爽快感は増すのでおすすめです。

番外編:痩せたい女性はこれ一択

 

こちらも同様に運動前に水に溶かして飲むタイプですが、Dietを推していますね。

それは糖質が90%offだからということでしょう。

 

これだとランニングだけではなく、通勤前や軽めの運動前に飲むのも良さそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

僕は「どうせ走るなら効率よく」と思っていて、そこで出会ったのがこのVAAMでした。

今ではまとめ買いをしており常に家と職場にストックしてあります。笑

 

皆さんも騙されたと思って、ぜひ試してみて下さい。

単純な動機付けですが、買ったら走らないといけないし、飲んだら運動しないといけませんよね。笑

何を始めるにしても導入はそんな感じで良いと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

また会おう、カウボーイ。

スポンサーリンク
まだ始めてないの?読書習慣を身に付けたいならこれで決まり!

年間1冊も読まなかったオワコンサラリーマンの僕が、50冊読めるようになった鍵がこのAmazonオーディブル。

アプリを起動して、ワンタッチで聴く読書が始まる。

あなたのスキマ時間が素敵な読書時間へ変わります。

おすすめの記事