睡眠の質を上げるため枕に投資しよう、枕選びの2つのポイント

おはようございます、ryugeneです。

 

以前、睡眠の質を上げる習慣について記事を書きました。

参考:有意義な朝活のために、今日からできる睡眠の質を上げる3つの習慣

 

習慣を変えるくらいじゃ、睡眠の質なんか良くならないわ。

そんなあなたへ。

本日は睡眠の質を高める寝具の一つ、枕について紹介していきます。

よろしくお願いします。

スポンサーリンク

睡眠の質に関わる寝具

一日の疲れを取り、翌日もバリバリ仕事をするためには、睡眠の習慣だけではなく、自分の体に合った「寝具」選びも重要になってきます。

 

寝具の基本は、枕、敷き布団、掛け布団の3種類。

その中でも特に、睡眠の質を上げる上で、最も重要な寝具が枕です。

 

例えば枕の高さが高すぎることで、肩や首の筋肉が緊張し痛みや違和感の原因になったり、いびきの原因になったり、さらにそれが原因となって目が覚めてしまうこともあります。

こういった場合は自分に合った枕に変えるだけで睡眠の質がグッと上がります。

枕を選ぶ上でのたった2つのポイント

なんとなく考えただけでも睡眠の質を上げる上で、枕が重要なことは理解できますよね。

 

枕が大切なのはわかるけど、どうやって選べばいいのかわからないわ。

 

これが本音だと思います。

そこで、そんなあなたに枕選びのポイントを2つだけご紹介します。

最低限この2つを押さえておけば、枕選びで大きく失敗することは防げるはずです。

 

枕の高さ

一般的に立っている時の姿勢を寝ている時も再現できるのが理想的な寝姿勢であるとされています。

 

そこで簡単なチェック方法を紹介。

立っている顎の位置と、枕を使って寝ている時の顎の位置を比較する。

立ち姿勢の時と比べ、枕を使っている時に顎が上がってしまったら枕は低すぎます。

逆に、顎が下がってしまったら、枕は高すぎますね。

すぐに確認することができますので、あなたが使っている枕でもぜひ一度試してみてください。

枕の素材

枕の素材には、ダウン(羽毛)、低反発ウレタン、パイプなど様々なものがあります。

非常に感覚的で、好みの問題にもなりますが、肌触り、硬さ、柔らかさなど自分に最も合っているものを選ぶようにしましょう。

これは実際に手に取ってみないと感触や柔らかさはわからないので、実店舗で確認することをオススメします。

僕が購入した枕はこれ!「新・王様の夢枕」

 

僕は楽天市場で購入しましたが、そのレビュー数と評価に驚きました。

13,393件のレビューで、★4.27の高評価。

これは安心感がありますね。

my makuraの店頭でも色々な商品を見てみましたが、価格は高いし、実際に使用した方のレビューがわからないので、現代人らしくネットの評価を信用した次第です。笑

 

価格は7,480円(送料無料)、高級枕とは言えませんが、それなりに根が張りますね。

 

しかし、「20日間寝ごこち安心保証」というサービスが付加されており、20日以内なら使用済みでも返品・交換可能なんです。

これは安心。評価されるべきポイントです。

40日以上使用してみた感想

結論から言うと、大満足です。

サイズ感も大きく、頭全体を守られているような感覚で、寝返りを打っても安心感がありますね。

僕にとって高さや柔らかさも合っているように思います。

 

枕は好みの差が大きいため、実際に使ってみないことにはわかりません。

先ほども書きましたが、この商品は返品交換が可能ですので、興味のある方は一度試してみると良いでしょう。

 

僕自身、これまであまり睡眠で悩んだこともありませんが、ここ最近になってやりたいことが増えたため、睡眠の質を向上させ、可能な限り睡眠時間を短縮したいと考えるようになりました。

この枕を使うまでは7〜8時間程度寝ることが普通でした。

しかし、今はこの枕のおかげか、毎日6時間睡眠で十分だと感じるようになったのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本日は睡眠の質を向上させる枕について書きました。

 

枕選びって本当難しいですよね。

実際に数日間か寝てみないことにはなかなかわかりません。

ですので特にネットで注文する場合は返品交換の可否をしっかりと確認した上で、購入を検討しましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

また会おう、カウボーイ。

スポンサーリンク
まだ始めてないの?読書習慣を身に付けたいならこれで決まり!

年間1冊も読まなかったオワコンサラリーマンの僕が、50冊読めるようになった鍵がこのAmazonオーディブル。

アプリを起動して、ワンタッチで聴く読書が始まる。

あなたのスキマ時間が素敵な読書時間へ変わります。

おすすめの記事