成功へ導くたった一つの習慣、毎朝のトイレ掃除

おはようございます、ryugeneです。

 

あけましておめでとうございます。正月も変わらずに発信を続けて参ります。

宜しくお願い致します。

 

 

「あなたは変わりたいですか?」

「あなたは成功したいですか?」

 

こう質問するとおそらく、変わりたくない、成功したくない、なんて人はごく少数でしょう。

誰もが変わりたいと願うもの、それが自然だと思います。

 

そりゃ、もちろん変わりたいけど、そんな簡単に変われたら苦労しないわよ。

 

僕も本音では↑こんなことを思っていました。

 

しかし2019年8月、一冊の本に出会い、習慣をほんの少し変えただけで人生が今まさに大きく変化している、そんな気さえしています。

 

 

はい、ベタベタの超有名どころ大ベストセラービジネス書ですね。笑

 

これを読んで多くのところで感銘を受けたのですが、読んですぐ始めたのが今日ご紹介する「トイレ掃除」です。

あなたも騙されたと思って試してみてはいかがでしょうか?

 

 

僕は当時Amazonプライムで無料で読むことが出来ましたが、今は残念ながら対象から外れているようですね。

現在ではKindle Unlimitedという月額980円読み放題サービスの対象となっています。

30日間無料体験もやっているので興味のある方はぜひどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

成功者はトイレ掃除を率先している

なぜそんなにもトイレ掃除が重要なのか。

「夢をかなえるゾウ」の中でガネーシャはこんなことを言っています。

 

トイレを掃除する、ちゅうことはやな、一番汚いところを掃除するっちゅうことや。
そんなもん誰かて、やりたないやろ。
けどな。人がやりたがらんことやるからこそ、それが一番喜ばれるんや。
一番人に頼みたいことやから、そこに価値が生まれるんや。

 

本当にその通りで、これに尽きます。(もうこれが結論ですww)

 

大半の人はそんなことはわかっています。

しかし、わかっているのに率先してやっていないのも事実。

 

じゃあ今日から、あなたが始めてみましょう。

 

パナソニックを築き上げた松下幸之助、
ホンダの創業者・本田宗一郎、
イエローハットの創業者・鍵山秀三郎、
アースホールディングスの創業者・國分利治、
映画監督・北野武、

など、数々の成功者が毎日欠かさず実践しているのが、この「トイレ掃除」なんです。

 

人が喜んでくれて、そこに喜びの対価としてお金が生まれる。

トイレ掃除を毎日しっかりできる人は、相手を喜ばせることを知っているので、仕事がうまく回りお金が集まってくるんですね。

習慣化するコツ

僕は必ず「朝起きて最初にトイレに行った時」に掃除することに決めています。

別にタイミングはいつでも良いとは思いますが、具体的な行動をきっかけにすると動きやすいです。

「6時になったら」とか時間で設定するのもアリですね。

 

ササッとやれば5分もかからないですし、朝からトイレ掃除すると新鮮な気分になれますよ。

タイミングは「毎朝」がオススメ!

トイレ掃除を習慣化すると心はどう変わるか?

では、実際に僕がトイレ掃除を3ヶ月ほど実践してみて、変わったことについて紹介します。

 

トイレ掃除習慣化で得られるメリット
・謙虚になれる
・気配りができる
・周りに感謝できる
・心を磨くことができる

 

この他にもメリットはたくさんあると思いますが、思いつくままに書いてみました。

 

僕はこの中でも特に、家族に対する「感謝」の気持ちが強く芽生えたように思います。

それなりに家事はこなしている側のパパですが(自分で言うと信憑性がないw)、やってもらっていることには素直に感謝できるようになりました。

 

それから無心でトイレ掃除をすることで、頭の中がクリアになります。

心が洗われる、磨かれる感覚ですね。

これもすごく気持ちがいいものですよ。

ぜひあなたにも味わって頂きたいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

トイレ掃除の習慣化は想像以上に良い効果を生むはずです。

「僕は毎朝トイレ掃除を習慣化して継続できている」という自信もつき、きっと良い男にもなれるでしょう。笑

 

毎朝のトイレ掃除を2020年あなたの新習慣にしてみては?

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

今年もよろしくお願いします。

また会おう、カウボーイ。

スポンサーリンク
まだ始めてないの?読書習慣を身に付けたいならこれで決まり!

年間1冊も読まなかったオワコンサラリーマンの僕が、50冊読めるようになった鍵がこのAmazonオーディブル。

アプリを起動して、ワンタッチで聴く読書が始まる。

あなたのスキマ時間が素敵な読書時間へ変わります。

おすすめの記事