『習慣が10割』を読んだ感想・レビュー

おはようございます、ryugeneです。

 

『あなたには人生のバイブルになるような書籍はありますか?』

 

そう聞かれたら僕はその一冊として間違いなくこの本を挙げると思います。

それほど僕の生活は一変しました。

しかもそれは何か特別なことをするというよりは、本当に些細なことを少し意識するだけ。

 

私は習慣化できるような意志の強さを持っていないわ。

 

とお悩みのそこのあなた。

意志の強さなんて関係ありません。

この本を読んで早速実践してみましょう!

 

過去に「習慣が10割」をランニングに活かす目的で記事を書きました。

参考:ランニングを習慣化しよう〜習慣が10割を参考に〜

ぜひ↑こちらも覗いてみて下さい。

 

それではよろしくお願いします。

 

 

スポンサーリンク

僕なりの20字まとめ

『具体的な理想像に向かい誰かのために始めよう』

こんな人にオススメ!

・何かと長続きしない人
・今すぐ変わりたい人
・意志が弱いと思っている人

『習慣が10割』本の概要

 

「習慣」とは、自分でこれをやると決めたことを、コツコツと続けることです。
そして、どんな習慣を身につけるかで、あなたの人生が決まります。
習慣がすべてを決めている。

習慣は、人生を通して役立つ最強のスキルなのです。

『習慣が10割』
「はじめに」より一部抜粋

 

『まぁ綺麗事言ったらそりゃそうだよね』って思うかもしれません。

でもそんなあなたにこそぜひ読んで頂きたい。

習慣を作る上でのノウハウなど、わかりやすい例を出してくれているので、すぐに自分に置き換えることができますよ。

 

本書の目次は以下の通り。

contents
第1章 人生は「習慣が10割」
第2章 なぜ、あなたは続けられないのか?
第3章 意志が弱い人でも続く!「最強の習慣化」スキル
第4章 「脳の力」で、習慣を超強力にする
第5章 習慣の力で、「あなたの人生」が動き出す

吉井雅之さんの著書紹介

 

こちらは未読ですが、非常に気になるタイトルですね。

読んだら改めて記事にさせて頂きます!

感想〜3つのポイント〜

「人に能力の差はなし。あるのは習慣の差」だけである。

という著者の考え方にいつも背中を押されます。

 

習慣とは言い換えれば「自分との約束を守ること」です。

そして大事なのは「何を続けるか」ではなく、「自分で決めた約束を守ることができた」という実績。

 

本当に些細なことでも、習慣になるとそれが自信になりますよ。

 

僕が感銘を受けたポイントは大きく3つあります。

「1個前の習慣」を決める

早起きを習慣化するために、過去に記事を書いています。

参考:朝活で人生を変えよう!『早寝早起き』を習慣化する3つのコツ

↑記事の中でこの「1個前の習慣」に触れていますが、僕はこの概念が習慣の基盤を作ると思います。

 

『朝4時に起きる』

→ そのために『22時に寝る』 → そのために『お風呂は21時に済ませる』

 

というように深掘りしていくと、意外とあっさり習慣化できるのでオススメです。

習慣を始めるときにやってはいけないこと、それは「完璧」を目指すこと

習慣化する上で、「完璧主義者」はここで明確に否定しておいた方がいいと思います。

自分で決めた約束を守ることができたという実績が大切なだけで、その内容はさほど関係ありません。

完璧にやらないと気が済まないという考えは捨てておきましょう。

まずは簡単なことから続けていく。

そうやって力を養っていくと良いと思います。

他の誰かのために

理想の自分を明確にイメージすることはもちろんすごく大切なことです。

ここで、「理想の自分を手に入れた時、それを見て誰が喜んでくれるか」を想像してみましょう。

これが思いの深さに繋がります。

 

「自分のための」夢は限界を早くするが、「誰かのため」の夢は限界を超える力になる。

 

素敵な名言だなと感じました。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

あまり興味はないかもしれませんが、ここで僕の習慣を並べてみます。笑

・22時入眠
・4時起床
・毎朝15分の感情ジャーナリング
・毎朝ブログ1記事生産
・毎朝洗濯
・毎朝トイレ掃除
・Voicyを1本以上聴く
・1冊以上/weekの読書
・120km以上/monthのランニング
・適度な腹筋と腕立て

 

この本に出会ってからこれほどの習慣が身につきました。

きっとあなたにもできるはず。

毎日が本当に充実してくると思いますよ。

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

また会おう、カウボーイ。

スポンサーリンク
まだ始めてないの?読書習慣を身に付けたいならこれで決まり!

年間1冊も読まなかったオワコンサラリーマンの僕が、50冊読めるようになった鍵がこのAmazonオーディブル。

アプリを起動して、ワンタッチで聴く読書が始まる。

あなたのスキマ時間が素敵な読書時間へ変わります。

おすすめの記事