『日本再興戦略』を読んだ感想・レビュー
日本の将来って高齢化とか年金問題とか、ネガティブ要素ばっかりで不安しかないわ。

 

20〜30代は特にそういった不安が強いはずです。

それはもうメディアがいいように煽っているので仕方ありません。

 

しかしその本質を見極めて、出版当時31歳の若者が日本の未来についてポジティブに説いていく。

とにかく可能性に満ち溢れた、日本の将来が楽しみになる良書です。

 

 

この本を読んだ後のあなたはこんなイメージ
・日本も捨てたもんじゃないな!
・バランスを取ろうとせずにリスクを取ろう!
・自分の価値を高めよう!

 

スポンサーリンク

僕なりの20字まとめ

『リスクを取って行動できる百姓を目指せ』

こんな人にオススメ!

・日本に未来を感じない人
・なんとなく将来不安な人
・無難なバランス型の人

『日本再興戦略』本の概要

 

我々の世代の次の一手で、日本のこの長きにわたる停滞は終わり、戦況は好転する。
バックグラウンドとビジョンを拡張し、世界に貢献する。
日本にとって、そして世界にとって、今ここが「始まったばかり」なのです。

『日本再興戦略』
「はじめに」より一部抜粋

 

本書の目次は以下の通り。

 

contents
第1章 欧米とは何か
第2章 日本とは何か
第3章 テクノロジーは世界をどう変えるか
第4章 日本再興のグランドデザイン
第5章 政治
第6章 教育
第7章 会社・仕事・コミュニティ

感想〜3つのポイント〜

落合陽一さんって、どこか取っ付きにくいというか、頭良すぎて頭おかしい人みたいな、そんな印象を持っていました。笑

ただ、この本を読むと印象も変わり、日本の将来のことを真剣に考えている一人のカッコいい若者なんだなと。

(本の内容が若干難しいことは事実ですがww)

 

僕は年齢に関係なく尊敬に値する考え方の持ち主だと感じています。

 

 

↑上記の「こんな人にオススメ!」にも書きましたが、僕自身は無難なバランス型の人間です。

特にこれまでこれといった大きな挫折もなく、社会の荒波に揉まれたような経験も多くありません。

(気づいていないだけの可能性も大アリww)

ですが、この本を読んでもっとリスクを取っていこう、良い意味で尖っていこうと思えるようになりました。

 

僕が感銘を受けたポイントは大きく3つあります。

ワークアズライフの時代

ワークライフバランスという言葉は広く浸透していると思います。

しかしこれからはワークアズライフの時代になる、と。

それは生きていることによって、価値を稼ぎ、そして価値を高める時代を指します。

 

今の時代は「残業は禁止」「みんな定時で帰ろう」みたいな風潮がかなり強いですよね。

これもメディアによる洗脳なのかもしれません。

しかし本質は決して残業禁止ではなく、ストレスを感じていない人間は無限に残業しても良いのです。

 

それがワークアズライフというもの。

自らの価値をいかにして高めていくか、それを突き詰めて考えた結果が残業であれば何も問題はありません。

 

いつの時代も、社会の中で重要性を決めるのは、市場の希少価値です。

百の生業を成すことを目指すのが重要で、多動力こそが百姓である、と。

リスクを取ろう

今後さらにAIが発展し、あらゆるサービスや仕事が自動化される。

そういった仕組みが整っていくことは容易に想像できますね。

 

では、機械にできないことは何か?

それは「リスクを取ること」であると著者は述べています。

 

確かにそうかもしれません。

これは人間に与えられた特権のようなもの。

そしてリスクを取るほどにモチベーションは上がると言われています。

「今ある選択肢の中で自分にはどれができるのか、まずはリスクを取ってでもチャレンジしてみよう」という気持ちを持つことが、非常に大切ですね。

人間への投資は最も価値が高い投資

もちろん自己投資を含めての人間への投資という認識で良いと思います。

これも様々な自己啓発書で言われていることですね。

 

ただ、著者が違うのは「若い時にこそ、後進の教育に力を入れよう」と言います。

それは、教育して仲間を作らないと時代を変えることができない、と。

 

また少子高齢化はデメリットばかりでなく、実はそこには大切なメリットもあります。

 

貴重な子供に投資できること。

 

少子高齢化にメリットがあるなんて考えもしませんでした。

改めて凄いお方だと思います。

(↑ボキャブラリーに不安しかないww)

落合陽一さんの著書紹介

 

 

落合陽一さんの書籍は、この本も含めて日本の将来や教育について説くものが多いですね。

この2冊も合わせて読んでおきたいなと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

「日本再興戦略」というそのタイトルから難しい内容なのかなと敬遠してしまいがちですが、すごくポジティブな内容ばかりで、読んでいてテンションが上がります。

 

日本の将来に悲観する必要はありません。

それを落合陽一さんに教わりました。

きっと人生はもっと楽しくなりますね!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

また会おう、カウボーイ。

スポンサーリンク
まだ始めてないの?読書習慣を身に付けたいならこれで決まり!

年間1冊も読まなかったオワコンサラリーマンの僕が、50冊読めるようになった鍵がこのAmazonオーディブル。

アプリを起動して、ワンタッチで聴く読書が始まる。

あなたのスキマ時間が素敵な読書時間へ変わります。

おすすめの記事