ランニング向けイヤホンってどれも同じ?価格帯別におすすめ14選を紹介
ランニング中につけるイヤホンってどんなのが良いのかしら?

あなたのお悩み解決します。

 

本記事を読むと、ランニング向けのイヤホンの選び方を知り、あなたのニーズに合ったイヤホンをきっと探し出すことができます。

なぜなら、イヤホンの種類とその選び方の軸さえ覚えておけば、外れることはほとんどないからです。

イヤホンの購入であなたのランニングライフがさらに快適なものになるはず。

 

本記事の内容

    • ランニングにおすすめのイヤホンのタイプ
    • ランニングにおすすめのイヤホンの選び方
    • ランニングにおすすめのイヤホン14選

 

この記事の信頼性

筆者 ryugene はランニングを習慣化して、3年。
コンスタントに100km/月以上を走り、そのほとんどがイヤホンをつけた状態でのRunです。
その経験を元に記事にしていきます。

 

 

スポンサーリンク

ランニングにおすすめのイヤホンのタイプ

イヤホンって種類が多すぎて迷いますよね。

そこで、まずはランニングにおすすめのイヤホンのタイプを簡単に紹介します。

 

ポイントは「ワイヤレスのカナル型!」

これさえおさえておけば、もう解決したも同然ですので、構える必要は全くありません。

有線か、無線か?言うまでもなく無線一択!

一応、画像もつけておきますが、もちろんこの2択であれば無線、ワイヤレス一択です。

有線は接続が超安定で、安価というメリットがありますが、

ランナーにとって有線にする理由はまずないので、ワイヤレスイヤホンから選んでいきましょう。

特別嫌いでなければ、カナル型がおすすめ

カナル型とは、耳栓のように耳の穴に入れて装着するタイプのイヤホンです。

 

結論から言うと、このカナル型がランナーには最適です。

なぜなら、ランナーにとって最も重要な「ズレにくい」という特徴があるからです。

 

耳からイヤホンが落ちやすい、イヤホンの落下が心配な方には、カナル型イヤホンが圧倒的におすすめですね。

落ちないか心配という方にはイヤーフック付きをおすすめ

カナル型でも落ちないか心配という方には、このイヤーフック付きタイプをおすすめします。

いわゆる耳掛けですね。

より落ちにくいという特徴がありますが、ちょっと邪魔になるかもと思う方もいるかもしれません。

その辺りは好みの問題ということで。

ワイヤレスイヤホンの2つのタイプを深堀り

おすすめは「ワイヤレスのカナル型」、ここを理解していただいた方は次の段階です。

 

ワイヤレスイヤホンは大きく2つに分けられます。

それは「分離型」と「一体型」と言われるものですね。

それぞれの特徴について解説していきます。

分離型の特徴

分離型は文字通り、左右のイヤホンが完全に分離しているタイプです。

結論、この「ワイヤレスのカナル型、分離型」のイヤホンを選べば間違いありません。

 

分離型のデメリット

    • もし落としたら終わり
    • ケースに収納するのが面倒なタイミングもある
    • 連続再生時間が比較的短い

分離型のメリット

    • イヤホンをケースに入れておくだけで充電可能
    • 片耳再生もラクラク
    • ケースごと持ち運びしやすい

 

僕はこの「分離型」を長く使用していますし、ランナーのあなたにはこちらのタイプをおすすめします。

特に、充電の手間が少なく、片耳再生が容易にできる点は大きな評価ポイントになります。

一体型の特徴


一体型は左右のイヤホンがコードで繋がっているタイプです。

 

一体型のデメリット

    • 片耳再生しづらい
    • リモコン付きコードは若干重くて邪魔になる
    • 充電に手間がかかる

一体型のメリット

    • 手元のリモコンで簡単に操作できる
    • 首からぶら下げる便利さがある
    • 連続再生時間が比較的長い

 

一体型にはそれはそれでメリットがあると思いますが、個人的には少しコードが邪魔になるかなと。

走っている際に、コードが上下して動くのはやっぱり気になります。

あと、片耳再生したいときに、もう片方をぶら下げておかないといけないのも不便です。

 

ただ、連続再生時間が長いことは大きなメリットになり得ますけどね。

長距離をゆっくり走るタイプの方にはおすすめです。

ランニングにおすすめのイヤホンの選び方

では、ある程度イヤホンの種類にも詳しくなったところで、その選び方について紹介していきます。

以下の点を意識しながら選ぶと失敗は少ないと思いますので、ぜひご参考に。

防水性能

ランニング中にイヤホンを使用する場合は、汗や雨水などの侵入を防ぐ必要があるため、
防滴・防水加工が施されているモデルがおすすめ、というか必須ですね。

防水性能は「IPX4」などと表示されていることが多く、数値は0~8で表されます。

使用数値が大きいほど防水性能が高くなり、
マラソンに出る機会の多い方、雨の日でも走ったり、汗をよくかく方は「IPX5」以上の製品を選びましょう。

連続再生時間

これも人によっては比較的重要な要素になりますね。

僕は3時間ほど連続して走ることがあるので、せめてそこはクリアできる商品を選ぶようにしています。

いくらケースに入れればすぐ充電可能とはいえ、ランニング中にケースに入れる作業はさすがに面倒ですよね。

 

価格の高いものだと連続再生時間が長くなるかもしれませんが、別に長すぎる必要もありません。笑

自分のランニングスタイルに合ったものを選ぶべし。

まぁ普段使いを考えると、3〜4時間程度あれば安心ですよね。

防犯、安全性

外でランニングを行う際は、安全のために、周囲の音が聴き取れることが重要です。

特に女性はこの点は重要視するべきポイントの一つです。

カナル型のワイヤレスイヤホンのメリットでもあり、デメリットでもあるのが、
この周囲の騒音をカットしてしまう機能ではないでしょうか。

 

その対策は大きく2つあります。

 

片耳再生

ここで、片耳再生ができることが大きなメリットとなり得るのです。
危険性の高い側の耳をあけておけば外音を遮断せずに済みますね。
これが「分離型」を薦める最大の理由かもしれません。

 

外音取り込み機能付きイヤホン

予算に余裕があるのであれば、こちらもおすすめです。
外音取り込み機能とは、周囲の音を取り込み、再生しているコンテンツと一緒に耳にとどけてくれる機能のこと。
形状に左右されないので、耳を塞ぐカナル型でも外の音がよく聴こえるというわけ。

音質

ランニング中に音質にこだわる方はあまりいないかもしれませんが、普段使いでは音質が良いに越したことはありません。

 

音質に気を配りたい方は「コーデック」という項目に注意。

「コーデック」とは、音声データの転送形式を表します。

最も質の悪い形式に「SBC」があり、そこから「AAC」、「aptX」と新しくなるにつれて音質も改善される傾向にあります。

 

このコーデックも音質を評価する一つのポイントでしかないため、参考程度にすると良いでしょう。

これは実際に使用したレビューなどを参考にするしかないですね。

価格

何を基準に選ぶかによりますが、エントリーモデルとしては、3,000〜5,000円くらいの相場で検討すると良いです。

上を見れば数万円のものもありますので、そこはどの程度予算に余裕があるのか、自身の財布と相談しましょう。

 

僕は4,000円前後のものを過去に2つ購入していますが、問題なく使用でき、大変満足しています。

まずは比較的安くて、Amazonレビューの件数が多く、評価が高いものを選ぶと間違いありません。笑

(これを言っちゃうと、この記事の意味がないかもしれませんがww)

ランニングにおすすめのイヤホン14選(価格帯別)

ここでは、価格帯を基準に、おすすめ商品をTotal 14個並べていきます。

ご自身の予算に合わせて参考にして頂けると嬉しいです。

3,000円未満

3,000〜5,000円

5,000〜10,000円

10,000〜20,000円

20,000円以上

(参考)ランニング中に読書?音楽に変わる新常識

あなたはこのワイヤレスイヤホンを使ってランニング中に何を聴きますか?

もちろん、テンションが上がる音楽を聴くことは何も悪いことではありません。

 

でも、僕が想像するに、ランニングを習慣化している方、ランニングを始めようとしている方は、
意識高い系が多いのではないでしょうか?笑

 

そんなあなたにおすすめなのが、Amazonオーディブルです。

 

走りながら、ビジネス書を読み、インプットできる素晴らしいコンテンツです!

 

無料体験できますので、ぜひお試しください。

 

 

ランニングにおすすめのイヤホン、まとめ

まとめると以下の通り。

 

本記事のまとめ

    • ワイヤレスのカナル型、分離型を
    • 自身の財布と相談して
    • Amazonでポチる

 

最後のまとめで適当に見えるかもしれませんが、これがリアルです!笑

 

騙されたと思って、投資してみましょう。

きっと「もっと早く買っておけば良かった」と後悔することでしょう。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

また会おう、カウボーイ。

スポンサーリンク
まだ始めてないの?読書習慣を身に付けたいならこれで決まり!

年間1冊も読まなかったオワコンサラリーマンの僕が、50冊読めるようになった鍵がこのAmazonオーディブル。

アプリを起動して、ワンタッチで聴く読書が始まる。

あなたのスキマ時間が素敵な読書時間へ変わります。

おすすめの記事