【読書にはコツがある】年間0冊→50冊読めるようになった3つの方法
悩む人
悩む人
本は読まなきゃと思っているけど、なかなか始められないの。

 

そんな悩みを解決します。

この記事を読めば、読書を始めるハードルが少しだけ低くなります。

 

今まで読書習慣がない人が、いきなり「本を読む」というのはなかなか難しいことですよね。

僕の経験からもそれはよくわかります。

 

ですが、僕は3つのテクニックを使うことで、

2018年は読書0冊だったのに、2019年以降に約50冊を読むことができました。

まだ読書習慣のないあなたにも再現可能なテクニックですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

その秘訣は「本を読む前」にあります。

 

本記事の内容

    • 読書の目的は本を読むことじゃない
    • その①YouTubeの書評動画を見る
    • その②要約アプリflier(フライヤー)を活用する
    • その③Amazonオーディブルで聴く
    • 大事なことは「すり合わせ」

 

スポンサーリンク

読書の目的は本を読むことじゃない

結論から言うと、

「本は読むな!!」

です。

 

パスカル
パスカル
いやいや、あんた何言って…

 

わかります、わかります。笑

でもよく考えてみてください。

 

じゃあ逆に聞くけど、読書って「本を読む」ことが目的なの?
ryugene
ryugene

 

きっとそれは違います。

 

読書の真の目的は、

「得た知識をどう活かすか」

です。

 

つまり言い換えると、本は「読む」必要はなく「理解すれば良い」ということ。

 

では、具体的に読まずにどう理解するのか?

その3つのテクニックを解説していきますね。

読書量を増やす3つの方法、その①YouTubeの書評動画を見る

書評動画を上げてくれるYouTuberはたくさんいますよね。

僕は「中田敦彦のYouTubeチャンネル」をほぼ毎日のように視聴しています。

特に本の解説動画が好きで、すごくわかりやすいんです!

 

 

問題は動画が面白すぎて、それだけで満足しちゃうことですね。笑

 

この動画を見た後に本を読むと、答え合わせをしているような感覚となり、読書が楽しくなってくるんですよね。

 

初めて読む本って、

パスカル
パスカル
いきなりわけわからない横文字とかきたらどうしよう?

 

みたいな不安ありませんか?

 

堅苦しいビジネス書なんて特にそうだと思います。

でもあらかじめ動画で見ておくことで、その既知感というのでしょうか、

「一回見た、聴いたことがある」ということがすごく後押ししてくれるんですよね。

読書量を増やす3つの方法、その②要約アプリflier(フライヤー)を活用する

本の要約アプリ「flier」はご存知ですか?

 

「本の要約サイトflier フライヤー」は、

多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、

ビジネスに役立つ知識・教養を身に付け、スキルアップにつなげることができます。

具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、

ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。

参考:flier公式HP

 

無料のコンテンツだけでも意外と充実していますが、

今なら初月無料で有料プランを導入できるんです!

 

月額2,000円で要約読み放題のゴールドプランと、

(このリンクから登録すれば、月額2,000円→1,800円の割引あり!)

月額500円で要約が5冊読めるシルバープランから選択できますよ。

 

そして、学生ならこちらが圧倒的にお得。

本の要約サイトflier(フライヤー)【ゴールド学割プラン開始キャンペーン】

 

この要約を事前に読んでおくことで、実際に本を読むときの理解度が大きく変わってきます。

その効果は、先ほどその①で紹介した書評YouTubeに匹敵するレベルですね。

 

初月無料ですので、ぜひ試してみてください。

 

読書量を増やす3つの方法、その③Amazonオーディブルで聴く

いわゆる「聴く読書」ですね。

先ほどのKindleの音声読み上げ機能とは違って、Amazonオーディブルはプロのナレーターが読んでくれるので、

小説はもちろん、ビジネス書さえも、ラジオドラマを聴いているような感覚になります。

 

サンプルで聴いてみてもいいですし、無料体験もできます。

一冊聴いてみるとその魅力にきっとハマるはず。

 

このAmazonオーディブルに関しては、いくつか記事を書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

パスカル
パスカル
初月無料はありがたいからとりあえずやってみるけど、翌月以降1,500円もかかるのはちょっと…

 

と言うあなたには、Kindleの音声読み上げ機能をおすすめします。

 

こちらのテクニックを使えば、

スマホにダウンロードしているKindle本を勝手に読み上げてくれるだけなので、

追加料金は一切発生しませんよ!

大事なことはすり合わせること

読書量を増やす3つの方法について、紹介してきましたが、全てに共通して言えることがあります。

それは「すり合わせ」の大切さです。

 

動画で見た、音声で聴いたものをあらためて本で読む。

この答え合わせのような行為が読書を楽しくさせるし、記憶に定着させるわけですね。

 

そうすれば、読書の真の目的「得た知識をどう活かすか?」に結びつけることができます。

読書量を増やす3つの方法、まとめ

まとめると以下の通り。

 

本記事のまとめ

    • YouTubeを見て
    • 要約アプリ「flier」を活用して
    • 時にはAmazonオーディブルを聴いて
    • そして、読まずに理解する!

 

秘訣は「本を読む前」にありましたね。

僕はこの方法を使って、読書量が年間0冊→50冊になりました。

ぜひあなたも試してみてください。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

また会おう、カウボーイ。

スポンサーリンク
まだ始めてないの?読書習慣を身に付けたいならこれで決まり!

年間1冊も読まなかったオワコンサラリーマンの僕が、50冊読めるようになった鍵がこのAmazonオーディブル。

アプリを起動して、ワンタッチで聴く読書が始まる。

あなたのスキマ時間が素敵な読書時間へ変わります。

おすすめの記事