習慣に関わるビジネス書

悩める人
変わりたいけど変われない。ビジネス書は難しくて手が付けられない。

 

そんな悩みを解決します。

 

本記事の内容
    • 行動を変えた「習慣」に関わるビジネス書10選
    • 行動を変えようと思ったきっかけ
    • 生活を大きく変えた具体的な3つの行動習慣

 

この記事を読めば、僕の行動を変えた「習慣」に関わるビジネス書、がわかります。

 

平日はダラダラ過ごし、週末は飲み会、土日はパチンコ。

そんなオワコンサラリーマンだって変われるんです。

 

誰にとっても読みやすい入門書となり得る10冊を集めてみました。

良かったらどれか一冊、手にとってみてくださいね。

 

この記事を書いた人

34歳現役の病院薬剤師りゅうじーん。
毎朝4時起きで作業をこなす意識高い系。
ランニング、読書、習慣化、スマートな生き方についてブログ発信中。

 

スポンサーリンク

行動を変えた「習慣」に関わるビジネス書10選

行動を変えた「習慣」に関わるビジネス書10選

結論から言うと、以下の10冊です。

(クリックでそれぞれの見出しにジャンプします)

 

 

このうち、ほとんどがAmazonオーディブルで聴けますので良かったら無料で一冊どうぞ。

Amazonオーディブルの無料体験はこちらから

 

「読んだその日から自身の行動が変わったかどうか」を基準に10冊選んでいます。

では、順に紹介していきます。

習慣が10割

created by Rinker
¥1,540 (2020/08/12 16:53:29時点 楽天市場調べ-詳細)
・毎朝日記をつける
・一個前の習慣を決める

 

僕が習慣に目覚めた一冊と言っても過言ではありません。

 

これを読んで僕は毎朝日記をつけることを決意しました。

このブログを書いている時点で、290日継続して書いています。

 

ポイントは毎日でなく、「毎朝」であること。

クリアな脳の状態で素直な感情を書き記すことで、その日一日を豊かにしてくれるような気がします。

 

そして朝日記を書くためには早起きしなければいけない。

ということは早く寝なければいけない。

というように、一個前の習慣を意識することもこの本から学びました。

借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ

・「ありがとう、愛してる」を言う

 

スピリチュアル要素の強いストーリーですが、意外と(?)心に響くんです。

成功者の思考法みたいなものが学べます。

本書で出てくる口癖を習慣化するだけでも、人生は好転するとさえ感じました。

 

これは主観ですが、書籍版だと背景を黄色にしたりカジュアルな感じに仕上がっていて、少し読みにくいです。

宇宙さんとの会話メインなので、Amazonオーディブル向きだと言えますね。

夢をかなえるゾウ

created by Rinker
¥800 (2020/08/13 09:04:03時点 Amazon調べ-詳細)
・トイレ掃除をする
・応募する(自分の力を試せるステージに身を置く)

 

これは王道ですね。

課題が一つずつ出されていくので、それをクリアしながら読んでいくことで習慣化に繋がります。

 

僕はこのおかげでトイレ掃除が全く苦じゃなくなりました。

そんななんでもない習慣が人生を変えてくれるんですね。

 

僕の中では、読みやすさ、行動を変えてくれる効果、ともにナンバー1ですね。

ぼくたちは習慣で、できている

created by Rinker
¥1,320 (2020/08/12 22:35:24時点 楽天市場調べ-詳細)
・時間割の通り行動する

 

僕たちの行動がどれだけ習慣に依存しているかがよくわかります。

まさに「習慣を変えれば、人生が変わる」その根拠が理解できるはず。

 

僕はこれを読んで、朝4時から朝活終了の6時40分まで時間割を組んで毎朝行動するようになりました。

それによって余計なことを考えなくて済むんですよね。

大きく集中力を上げる方法の一つだと、僕自身も実感しています。

小さな習慣

・ハードルを極端に下げる

 

これは何かを始める時は「ハードルをバカバカしいくらい低くする」ことの重要性を教えてくれます。

 

著者は「腕立て伏せを1日1回する」という行動目標から、今では筋トレが習慣化しているようです。

 

誰でもできるカンタンなことを目標にしておくことで、まずは習慣化できているという自己肯定感を作り出すことが大切というわけ。

そして1日1回だとせっかく気持ち作って準備したのにもったいないなという思いが生まれて、少しずつ数や種類が増えていく。

 

すごく理にかなった手法です。

習慣入門書としては、かなりおすすめの本ですね。

人生は楽しいかい?

created by Rinker
¥3,000 (2020/08/13 09:04:04時点 Amazon調べ-詳細)
・呼吸を意識する

 

ちょっと他とは違う視点になりますが、これもまた読みやすく興味深い本です。

主人公がシステマというロシア軍隊格闘術を学んでいくというストーリー。

 

パスカル
そのシステマってやつと習慣の何が関係しているの?笑

 

って思うかもしれませんが、日常的に活かせるテクニックがたくさん紹介されています。

 

例えば、呼吸、姿勢、視点など。

特に呼吸の大切さを僕は学びましたね。

呼吸に意識を向けることで、世界の見え方は大きく変わってきます。

 

主人公と、メンターであるゲオさんとの会話がメインストーリーですので、Anazonオーディブル向きコンテンツの一つ。

仕事は楽しいかね?

・日々実験を繰り返す

 

タイトルの問いに即答できる人ってそんなに多くないはず。

ですが、仕事を楽しくする方法って実はシンプルなんですね。

 

僕がその最大の要素と感じたのは、仕事は「実験」の繰り返しだということです。

もっと柔らかく言うと「試すこと」を指します。

 

つまり、この行動を習慣化してみよう!と試すこと、それだけでもう既に成長しているんだと。

この思考が定着すれば、仕事だけでなく、人生そのものがきっと楽しくなりますね。

自分を操る超集中力

created by Rinker
¥2,500 (2020/08/13 09:04:06時点 Amazon調べ-詳細)
・習慣化で選択を減らす

 

メンタリストDaiGoさんの書籍はよく読むのですが、その主な理由は読みやすく実践しやすいから、です。

これを読むと、集中力を上げるためにさまざまなことを習慣化をしなければいけない、という本質が見えてくるような気がします。

 

なぜここまで習慣に拘らなくてはいけないのか、それは集中力を上げるため、なんですね。

無駄な選択をなくすことで、ウィルパワー(意志力)を節約する。

習慣という仕組み化が大切だということです。

 

ちなみにこちらの書籍はAmazonオーディブルにおいて、2018年、2019年の2年連続で最も聴かれたオーディオブックとなっています。

もちろん僕も繰り返し聴いていますよ。

 

Amazonオーディブルの無料体験はこちらから

短期間で”よい習慣”が身につき、人生が思い通りになる!超習慣術

・if thenプランニングを実践する

 

もう一つ、メンタリストDaiGoさんの書籍を紹介します。

この本の中で、習慣化の帝王として紹介されるテクニックが「if then プランニング」です。

 

「Aが起きたらBをする」

「Aの状況に陥ったらBをする」

という、習慣化したい行動のタイミングをあらかじめ決めておく方法。

 

例えば、僕の場合、

 

ryugene
子供が宿題を始めたら隣で読書する。

 

など、これ以外にもいろんな「if then プランニング」を取り入れていますよ。

神・時間術

created by Rinker
¥778 (2020/08/13 09:04:06時点 Amazon調べ-詳細)
・運動、咀嚼、日光、睡眠で集中を回復させる
・起床後2〜3時間のゴールデンタイムを最大限活用する

 

精神科医、樺沢紫苑先生の著書ですね。

プロローグとして書かれている樺沢紫苑先生の数々の習慣に度肝を抜かれますが、どうすればそんな時間の使い方ができるのか、それを丁寧に教えてくれます。

 

「1日を48時間にする」と豪語する、その本質がこの一冊に込められているわけです。

 

人の集中力には限界がある、だからこそ習慣を利用するという、メンタリストDaiGoさんの「自分を操る超集中力」と通ずるものがあります。

 

僕はこの本を読んで、起床後2〜3時間のゴールデンタイムは、ブログを「書く」作業だけを徹底してやることを決めました。

つまり、装飾や画像入れなどはスキマ時間に行い、集中力を要する作業、ブログでいうところの「書く」作業だけに集中することで作業効率が格段に上がるんです。

 

本当にこの書籍はすべての人にとって「朝活のバイブル」となり得るものでしょう。

行動を変えようと思ったきっかけ

行動を変えようと思ったきっかけ

ここから先は僕の体験談を中心に記事にしていきますので、あまり興味のない方はスキップしてもらって大丈夫です。

ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。

きっかけはやはり「本」

なぜ、こんなにも本を読み、行動を変えようと決意したのか。

そのきっかけもまた、本なのです。

 

 

アメトーークで「キンコン西野がヤバイ」みたいな放送を見たときに感化され、この「新世界」を手に取りました。

西野さんの本はとにかく読みやすい。

当時は読書習慣などまったくない僕でもスラスラと読み進めることができました。

 

「変わらなきゃ」とオワコンサラリーマンの背中を押してくれる、勇気づけてくれる素晴らしい一冊だと今でも本当に感謝しています。

行動を変えることを決定づけた音声コンテンツ「Voicy」

「新世界」に影響され、西野ワールドに惹き込まれた僕は西野さんのオンラインサロンに入会し、そこで初めてVoicyというサービスを知りました。

Voicyー今日を彩るボイスメディア

 

そこで僕が毎日聴いていたチャンネルは以下の3つです。

 

    • 西野亮廣エンタメ研究所
    • サウザーラジオ
    • 1年後の自分を楽にするラジオ

 

Voicyに触れたことがないあなたは、この3つのチャンネルの人気の放送を順番に聴くだけで、たぶん人生変わります。

 

僕はこのVoicyをきっかけに「1年後の自分を楽にするラジオ」を運営しているしゅうへいさんのオンラインサロンに入会しました。

ここはネットビジネス初心者の集まりで、カジュアルに有益情報を得ることができますよ。

 

しゅうへいサロン(仮)の入会はこちらから

生活を大きく変えた具体的な3つの行動習慣

生活を大きく変えた具体的な3つの行動習慣

そして、僕の生活を大きく変えた具体的な行動習慣は以下の3つ。

 

    1. 朝活
    2. Amazonオーディブルで聴く読書
    3. 教育系YouTubeの視聴

 

サクッと順に解説します。

1朝活

僕は毎朝4時に起きていろんな作業をしています。

なぜなら、数々の習慣に関わる本に触れた結果、やはり朝が最も集中力が高まる時間と考えたから。

 

朝活を始めた当初は読書がメインでしたが、最近ではブログ関係が多いですね。

朝活のおかげで、ブログ毎日更新を100日続けることができました。

コミットしたことを朝活に取り入れることで集中力が増すことは経験上間違いありません。

 

もうかれこれ1年近く朝活を継続しています。

2Amazonオーディブルで聴く読書

Amazonオーディブルはスキマ時間の有効活用として最も適したコンテンツだと考えています。

家事や通勤、ランニング中に欠かせないものとなりました。

 

ちなみに、前述したビジネス書10選のうち、4冊はAmazonオーディブルで聴いています。

これを取り入れることで、読書量が圧倒的に増えました。

 

しかも無料体験ができるので、言い換えれば一冊無料なんですよね。

やらない理由はありません。

Amazonオーディブルの無料体験はこちらから

3教育系YouTubeの視聴

無料で今すぐ始められるカンタンなことですね。

 

僕は毎朝4時に起きたら、まずイヤホンをつけて教育系YouTubeを流すことから1日が始まります。

聴きながら顔を洗ったりコーヒーの準備をしたりするわけです。

 

参考までに僕が登録しているチャンネルはこちら。

 

    • 中田敦彦のYouTube大学
    • イケハヤ大学
    • マナブ
    • マコなり社長
    • 両学長 リベラルアーツ大学
    • メンタリストDaiGo
    • KYOKO
    • サラタメさん【サラリーマンYouTuber】
    • しゅうへい

 

自宅のWi-Fi環境では、ほとんどの時間でなんらかのチャンネルを「ながら聴き」していますね。

家族との会話を怠らないようにだけは注意を払って。笑

 

僕にとっては娯楽の感覚でそれが学びに変わるんですから、その意義は十分すぎますね。

行動を変えた「習慣」に関わるビジネス書10選、まとめ

行動を変えた「習慣」に関わるビジネス書10選、まとめ

この記事をまとめると、以下の通り。

 

本記事のまとめ

習慣で人生が変わるのはあながち嘘じゃありません。どれか一冊手にとって今から自分を変えてみませんか?

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

 

5,000字を超える大作になってしまいましたが、もうこれは僕のプロフィールページのようなものです。

僕にとって本当に大切な記事になりました。

 

ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

また会おう、カウボーイ。

スポンサーリンク
まだ始めてないの?読書習慣を身に付けたいならこれで決まり!

年間1冊も読まなかったオワコンサラリーマンの僕が、50冊読めるようになった鍵がこのAmazonオーディブル。

アプリを起動して、ワンタッチで聴く読書が始まる。

あなたのスキマ時間が素敵な読書時間へ変わります。

おすすめの記事